スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ISOBE
スポンサー広告


== サ ボ テ ン の 花 ==
はい☆観てきました。
3列目というかなりの前の列で!!えへへv
しかし、あまり前なのも考え物かと・・・何故かって?近すぎて舞台全部が見渡せない!!しかも、座っていたのが右端よりだったので、もっぱら左を向いていたせいか少し首が痛かった・・・。でも、役者さんの顔がはっきり見えるし何時もよりも役者さん達の熱が伝わってきたのはとても良かったです。でも、ベストポジションは7~10列目だと思う。たぶん、この辺が一番ベスト。


では、前説から。千秋楽が4/1だったからなのか分からないのですが、スピーカーから加藤さんの声。『またラジオ風にやっているんだろうな~。きっと、どっかにいるはず』とか思ってたら「録音でお送りしてます」という加藤さんの言葉。


 え ! ! ? ? 録 音 ! !


なんで?と思ってると、袖から口パクの加藤さん登場。


 ヤ ラ レ タ ! !


でも、いつも持っているものが今回はありませんでした。そう!紹介する商品を持っていなかったのですよ!今回はないの?思っていたら、そうでもなく何時もと同じ様に進んでいきました。ちゃんと、携帯電話チェックタイムもあったし。何にも似てないオリジナルと言い張るサボ○ンの歌で。しかも、加藤さんがホテルで一人で録ったという歌で(笑)
今回、まつさをなの稽古も進行している為に、何時もは一人でやっていたそうなのですが、稽古がお休みだったという事でまつさをなの温井さんが一緒でした。


サボテンの花 =感想=

音楽劇っていってたから、ずーっと何だろうって思ってたのですが、前説の時に加藤さんが「ミュージカルが~・・・」とか言ってて、それを聞いて初めて『あ!音楽劇ってミュージカルか!!』と気付きました・・・。あはは・・・。

では、簡単なストーリー。
卒業研究にサボテンの超能力について研究をすると言う6年1組。それに大人達は反対。唯一賛成するのが教頭である権藤。権藤の力もあり、6年1組の卒業研究はサボテンの超能力に決まる。けど、担任の宮崎が卒業研究がサボテンの超能力に決まったせいで登校拒否をしたり、フラスコとバーナーが理科室から消えたり、火事だと通報されたりと様々な問題を6年1組が起こす。そんな中、権藤の前に教育実習生の教官をしていた時に、指導をしていた教育実習生の妹のしずくと言う大学生が現れる。
と、こんなもん?あんまり、喋るとネタバレになるしって、千秋楽終わったんだから別にいいんだろうけどね(笑)

ミュージカルだけあって、歌がいっぱいありました!って、いいたいのですが、前説で加藤さんが劇中にかかる歌が役者が歌っているだけの違いだと言っていたのですが、その通りでした。基本的には、何時もと同じようなものでした。

観ていて思ったこと。
教師とは何かを言っていると思いました。教師とはどうあるべきか・・・とか。私はそう思いました。今、色々と言われているじゃないですか、先生という立場にいる人にも観て貰いたいと思いました。たぶん、そんな奇麗事じゃやってられないと言われるかもしれないけど、教師には権藤のような考え方を持って欲しいと思いました。何があっても子供を信じる事。簡単な事のようで、信じるという事はとても難しい事。まあ、教師の人だけに言える事じゃないけど。何かを信じるという事はとても難しい事。信じていても、疑心暗鬼にかられていつしか信じていたのに疑ってしまう。しょうがないと言えばしょうがないのかもしれないけど・・・。人の心っていうのは弱いから難しいね~・・・。って、また久しぶりに恥ずかしい事言ってる!!ぎゃー!!


あ!思ったこと!もう1つ!!


客演のコング桑田さんの歌がめっちゃ上手い!!


もう、聞いてビックリしました。プロ!?この人プロ!?ってなぐらい凄く上手かったです。ビブラート凄く聞いてたし、聞いてて凄い安心感がありました。でもって、芝居がね、すっごい上手いの!!茶目っ気たっぷりにやってくれてて、それが凄くキャラと合っててお酒飲むシーンとか本当に和尚さん(コング桑田さんは和尚さん役)はお酒大好きなんだな~って、しみじみと思うぐらい。でもって、必ずくすくすを笑いが起きる。本当に上手かった。客演で来た人の舞台を観に行きたいと思ったのはコング桑田さんが初めてです。7月にあるらしいので観に行こうと思ってます。
だってさ、コング桑田さんがメイドっすよ!!


 メ イ ド ! !


しかも、しかも、チラシには


19世紀ドイツ


 ド イ ツ 


誘ってんのかー!?うう・・・観に行きたいよ~。場所は新宿の西口の方だって加藤さん言ってたし。それにね、男女完全入替制とか書いてあったし。女は男、男は女って事でしょ。だから、コング桑田さんがメイドな訳だし。面白そうだ。


話を戻し、いまいち分からなかった事が・・・。しずくは何故、現世にきたのか。権藤を助けるためってなってたけど、問題が起こる前にしずくは既に現世にいたし・・・。どうして分かったんだろう?不穏な空気を感じ取ったとか・・・かな~?そう考えた方がいいのかな?う~ん、これは原作を読めというのか?この間かったニール・サイモン読んで無いぞ。でも、気になる。うむむ・・・。


ちなみに原作はコレ
我らが隣人の犯罪


そうだ。サボテンの花を見てて小学校の時をちょろっと思い出したりしました。小学生5人を観てて思い出しました。それに、稲川信一役の多田さんがまた良い芝居をするのですよ。観てたら思いだしました。大人に反抗する睨むような目とか。反発してたよな~とか、心の中で頷きながら見てました。多田さんの演技良かったです。アンケにその事書いてないけど(笑)
書いたのは、コング桑田さんの歌が激上手な事と篠田さんのおでこが妙に光っていた事。カーテンコールの時に気付いたのですが、眩しすぎるぐらい光ってました。その事を書きました。篠田さんのおでこが光っていたのですが、何時もそうなのですか?って・・・。でも、後から考えたらこの事書くの2回目のような気がする(笑)


カーテンコールの話が出たのでカーテンコール。
千秋楽恒例の役者の一言挨拶!!もう・・・皆何言ったのか覚えてない(早ッ!!)
篠田さんはダッチマニアの宣伝だったかな~。西川さんは大きな大きな先生という歌を西川さんが歌うのはおかしいと菅野さんが言ったと言っていてお前には言われたくないと言っていた事。あと異様に覚えているのは、前田さんが「♪ナッシング ベンチャー ナッシング ウィン の振りは細見がやったんです」とか言ってた事。あんな可愛い振りを細見さんが!?とビックリしたので覚えてました。それに、アチチとも思ったし。前田さんと細見さんはご夫婦ですからね~。旦那さんの話を出してきたから惚気?とも一瞬思ったし(笑)


締め。
篠田さんは何時もの如く、自分が出てきたらお仕舞いと言ってました。しかし、なかなか締めにはいかず西川さんに早く締めろと言われる。何かいつも篠田さんって西川さんにつっこまれてるような気がする。
いざ、締めようと思っても素なのかボケなのか思いっきり噛む篠田さん。

頑張れ!篠田さん頑張れ!

何とか(笑)無事に締め。終了。


ロビー。
アンケートを書いてロビーに行くと何やら人だかりが出来てて騒がしい。何だろうと思っているとコング桑田さんと篠田さんが!!2箇所あるグッズ売り場はコング桑田さんと篠田さんがいるところに明らかに人の山。かくいう私も、そっちでサントラ買いました(笑)
コング桑田さんのところでサントラ買ったので、握手してもらおうかと思ったのですが勇気が出ませんでした。チキンめ!
ロビーを出て出入り口のところでサボテンの花のチラシなどをゲットしていると良く聞きなれた声が。この声は・・・まさか!!


 岡 田 達 也 さ ん ! ! ! !


何してんの!?と思って見ていると、まつさをなのチラシを「ミュージカルなんて古い」と言いながら配ってました。あわわ!!オッカーさんだ!!と大興奮。何で皆素通りするの?何で?と思いながらも興奮が背中を押してくれて


「あの、握手してください」


と言えました。オッカーさんは私にだけ笑顔をくれました。手はおっきくて、わたしよりも温度が低かったです。良かった・・・。出るの遅くてよかった。うわ~ん。これで、キャラメルの劇団員さんと握手したのは二人目です。次は誰だろう(笑)
スポンサーサイト
ISOBE
キャラメルボックス
0

う~ん。う~ん。
20060626233837.jpg

キャラメルボックスの『俺たちは志士じゃない』の公演観に行ってきました。席が想像以上よりも後ろで物凄くビックリしました。あんなに後ろだったなんて・・・。恐るべし、21列目。一番前より一番後ろから数えた方が早い。それに、後ろから数えたら一桁(笑)

さて、感想ですが、成井さんが演出ではなく、今回はマキノノゾミさんが演出をしています。志士は以前にも公演しているんですよね。以前のものは観ていないので、比較するとか出来ないんですが、やっぱりテンポが違うなって思いました。
脚本は面白いと素直に思います。ていうか、面白いです。別に成井さんと真柴さんだからとかっていうのを除いても・・・です。観てて、もっと楽しくなる脚本だって思いましたから。
面白くなかった訳じゃないんですけど、やっぱり何か違うな~・・・って感じがしました。カーテンコールも何時もと違ったし。セットのせいとかじゃないですよね。マキノさんだからなんでしょうね~。
キャラメルのカーテンコールの後って、役者さんは交互に交差するように舞台袖にはけて行くのが普通なんですけど、今日は違ったから。色々な所から帰っていくのも面白いと思いましたけど。厠に入ったり土蔵に入ったりしてはけてたりしましたから。それはそれで、面白かったけどやっぱり何時ものキャラメルが観たいんですよ。


何時ものあの軽快なテンポで進む芝居。


何時ものカーテンコール。


少し違っただけでも『ああ、違う。キャラメルだけどキャラメルじゃない』って思っちゃいます。
きっと私は成井さんの作るキャラメルが好きなんだと思いました。成井さんあってのキャラメル。勿論、劇団員さん+成井さんは絶対条件です。どちらが欠けてもキャラメルボックスじゃないんだって思いました。

あ、違うで、今回の前説は今までに無い前説でした。
だって、黒子が出てきたんですよ!黒子!!(アニハガの真理の門の中の黒子にあらず。笑)
時代劇だー!と、ちょっと興奮。そして、舞台の真ん中にあった紙を捲る黒子二人。無言でやるという事で、次々に紙を捲ってグッズの紹介をしていったのですが、

 全 部 漢 字 ! !

小型光学円盤何とかって書かれていても一瞬何だか分かんなかったり(笑)

でも、更にわからなかったのは『広くてすてきな宇宙じゃないか』と『僕のポケットは星でいっぱい』

だって、全部漢字なんですよ!!平仮名すらなし!!ホントに漢字オンリー。よ~く見ないと一瞬見ただけじゃ分からない。って、私が馬鹿なのか・・・(凹)
こんな感じで会場から笑いを取りつつ携帯電話のチェックにいきました。
そうしたら、黒子のお二人が顔にかかっている布を上げました。

「初日に無言で携帯電話をチェックしたら公演中に鳴ったのでここでは喋ります!」

と、言ってました。初日から無言でのチェックは挫折したそうです(苦笑)


は~い、じゃあ面白かった所いきます。
神出鬼没のぬいは絶対見所です。本当に色々な所から出てきます。思わず「忍者!?」って言いたいくらいに(笑)
ちなみに、ぬい役の坂口さんは最後に忍者の格好をして完という巻物を見せます。
んで、私が可愛いな~って思ったのは、元旦に講話(講話でいいの?)をしなくちゃいけなくなって、嫌だ嫌だと駄々をこねて屋根の上で寝っ転がりながらグルグル回っている神田役の浅野さん。あと、クライマックスの殺陣のシーンでへそ饅頭を沖田(土方かな。ヤベ覚えてない;)に投げている所と「食べ物を粗末にするんじゃない!」と怒ってるやり取り。
あとは~、雪だるまが暗転から明ける度に徐々に小さくなって最後には溶けている所。
うん。こんなもんかな。

そうそう、今回は全く泣きませんでした。そのせいもあったのか、なんかちょっと物足りなさを感じちゃいました。次の『雨夢』は期待大です。ドラマでも最終回は泣いたし(笑)



キャラメル後はお茶をしようと定番になりつつあるお店へ行っていたのですが、何やら噴水のある吹き抜けの方が騒がしい。
そういえば、ヒーローショーやってるんだっけとお茶を放って観に行く大人二人(笑)
でも、このヒーローショー凄かったです。観たのは仮面ライダーカブトだったんですが、兎に角、司会のお姉さんが最強。


素手で怪人(?)とやり合うんですよ。しかも、お姉さんの方が押す(笑)

でもって、ピコピコハンマーにハリセンでブッ叩く!!


20060626233901.jpg


本当に面白いくらいにお姉さんは強かったです。後から出てきたカブトとかは苦戦してたのに。何か、カブトとか出ないでお姉さんが一人で戦っちゃえばいいんじゃい?と大人二人ははしゃぎながら3階から見てました(笑)


こうして、カブトを最後まで観てこんどこそお茶へ。

20060626233850.jpg


ここで変な事を言われました。


萌えてるISOBEさんに萌える。


一体何を言っているのでしょうか。私に萌えるとは一体。だって、私に萌えるような要素は何一つないし。アレだ。錯覚。そうだ。勘違いだ。うん、夢見ちゃってるんだよ。そうそう。ソレだ。萌えるじゃなくて、馬鹿だな~って生温い気持ちになるの間違いだと思います。うん。そう。絶対そう!



そうだ、まだ未確定なのですが涼しくなってきた頃に何かやりたいね~っと、具体的な話をしてみました(笑)
企画者組みが「どうにかなるよ」の投げやりB型人間達なので、実現するかどうかは分かりませんが。あ、その前に私が職に就く事が絶対条件だったYO☆



あ!!昨日はお土産を貰いました。


ひっつんの掛け軸に夜のおかし『うなぎパイ』とソニフェスで販売されていたエドのクリアファイル

20060626233924.jpg

ニヒヒ~v



先輩に夢さん見てますか~?ひっつん有難う御座いましたー!昨日早速お部屋に飾りましたー!ひっつんの前でのお着替えはちょっと恥ずかしいです!キャ!!

そして、凸さん。うなぎパイ有難う御座いました!精をつけて頑張ります!(何を?)しかしですね~。クリアファイルの入手方法にはつっこみませんが、クリアファイルに入っていた袋!ランジェリーバッグとか書いてあったんですけど!どこのホテルから持ってきたんですか!アレですか!ラブホからですか!(笑)ハッ!!こんな事言うと・・・(ガタブル)
ISOBE
キャラメルボックス
0

昨日のせいで足痛い。
昨日のツケが来ましたー!筋肉痛!!
はい!今日もスパコミお疲れ様でしたー!!私は行ってませんがv

そんな訳で、一昨日行ったキャラメル感想いきます!
当日は、結局一人で行ってきました。一緒に行くはずだった友達からお母さんが熱を出したとのメールがあって一人で行きました。

では、感想。『あしたあなたあいたい』『ミス・ダンデライオン』の感想を観た順にいきます。


■『あしたあなたあいたい』
話のあらすじは、布川という男が5年前に取り壊された朝日楼旅館を写真に収めたいと、クロノスを使って5年前へ飛び、そこで一人の女性、圭と出会い、恋に落ちるというお話でした。
今回は、OPのダンスの後にスクリーンがバッと落ちてきて、文字が写されました。その文が激しく萌える。ちょっと、忘れちゃったんですが

『君に出会った時、きっと君を好きなる、そう思ったんだ』

とか、こんな文でした。他にも台詞の抜粋とかあったんですが、これに激しく萌えました。もう、これ読んだ時、鳥肌が立つぐらい萌えました。小説で使える!って(笑)

私が過去に見てきた公演でも我が名は虹でもスクリーンを使った演出がされていて、この時も鳥肌が立つくらいの衝撃を覚えたのを今でも覚えています。こういう演出は大好きです!!

『あしたあなた』で一番好きなのは、布川も圭の事が好きなのに自分は後数日で遠い未来に飛ばされるからと距離を取り、圭も今までに持った事のない感情や様々な事に悩みます。
そんな中で、周囲からの励ましや助言などがあり、自分の気持ちに素直になります。空間を越えて

『あなたに会いたい』

と、二人の気持ちが重なったシーンが一番好きです。ブリーチで例えるなら、一護と恋次の『俺の魂にだ!!』と似たよな感じv(笑)

『あしたあなた』は究極の一目惚れだな~と、思いました。
だってさ、だってさ、圭も未来に飛ばされた布川の後を追ってしまうんですよ!自分も一旦、4年後の世界に行き、布川と同じだけの時間まで飛ばされるんです。もう、ビックリしました。クロノスを未来に行く為に使った事にもそうですし、前回上演した『クロノス』では吹原の片思いで終わってましたから、ビックリです。まさか後を追うとは!!



■『ミス・ダンデライオン』
こっちでも、スクリーンが下りてきて、幾つかの台詞の抜粋が映し出されました。やっぱり、ここでも鳥肌もんです(笑)
話のあらすじは、鈴谷樹里が19年前に自分が入院していた時に知り合ったヒー兄ちゃんを助ける為に19年前に飛ぶという話。

最初に、樹里の一人での台詞があるのですが、同時進行で19年前の入院してた時の樹里が舞台上に出てきます。そして、舞台は19年前から始まるのですが、小学生の樹里の前に看護婦として今現在の樹里が芝居の中に入りました。この時点で「え?」と思ったのですが、回想だからな~と思ったのですが、違ってました。実は小学生の樹里が看護婦だと思っていたのは、19年後からヒー兄ちゃんを助けにきた自分自身だったのです。
このネタバレをするのが舞台の本当に後半で、最初のあれはこうだったのかと気付きました。あんな所から伏線が張られていたとは、全く気が付きませんでした(苦笑)



え~『ミス・ダンデライオン』は重要な芝居を舞台の左側のベッドで行われます。

が!!

前のおっさんの座高が高くてベッドが全く見えない!!
見えない、見えないと、ちょっと頭を動かして頑張るものの無理。シリアスシーンもあんまり集中できず、周りから泣いている音が上がっているのに、私には感動も何もありませんでした。
良いシーンが!!

でも、ヒー兄ちゃんと樹里が未来の世界で出会った最後のシーンは感動しました。樹里はクロノスの反作用で未来に飛ばされてしまうのですが、そこで若いヒー兄ちゃんに出会います。本来なら、ヨボヨボのおじいちゃんのはずなのに、若いのは19年後の未来から持ってきた薬を身体の中に入れた為にその薬がクロノスの反作用で未来に飛ぼうとした時、ヒー兄ちゃんの身体も一緒に飛ばしてしまったという事でした。

野上すら気付かなかった 大 誤 算 万 歳 ! !

ヒー兄ちゃんが樹里に「お帰り」と言い、樹里が「ただいま」というシーンは感動でした。この二言だけで感動です。
しかも、ヒー兄ちゃんは樹里が未来に飛ばされる時に「小説家になって」という言葉を守り、小説家になった処女作が『ミス・ダンデライオン』。樹里を主人公にした話だったからです。やってくれるよ!ヒー兄ちゃん!カッコ良かった。


■さて、キャラメルボックスでも名物ではないかと思われるカーテンコールですが、今回は2回です!! 少 な い ! !
だってさ、『あしたあなた』のカーテンコールでアプル借りてるのが10時までだって言ってるからすんごいワタワタしてました。『ミス・ダンデライオン』も2回だったし。それが、ちょっと残念です。あ、『ミス・ダンデライオン』のカーテンコールの時に岡田さん・・・あ、岡田達也さんの方ですが、上川さんが時々楽屋に遊びに来ているそうです。で、皆につっこんで帰ると・・・。上川さん!カーテンコールの時も出て来て下さい!!つーか、遊びに来ている時は出てきてくれてるのかな?でも、初めての人とか上川さんを知らない人は出てこられても分からないだろうから、出てこないとは思うんですが・・・。でも、上川さんにも会いたいよ~!
また、舞台の上に立つ上川さんに会いたいです。TRUTHの上川さんはカッコ良かった~・・・。殺陣はカッコ良いですv


■『クロノス』『あしたあなたにあいたい』『ミス・ダンデライオン』と原作の小説『クロノス・ジョウンターの伝説』を全て観終わったわけですが・・・。全ての作品に野上が関わっています。野上はちゃんと結婚はするのですが、何か野上って色んな人・・・と言っても三人ですが、人生の中での大きな分岐点になってしまっているので、野上は普通の人よりも大きなものを背負っていると思います。だって、過去から未来へ飛ばされてしまう人達の事を心配していたと思うので、野上は色々と辛かったと思います。
なんか、全部観終わって思ったのがこれでした。一番辛かったのは野上だろうなと・・・。

ていうかね、クロノスは究極の恋愛作品だと思います!DVD欲しいよ~。あ、DVDで、今回の『あしたあなたあいたい』と『ミス・ダンデライオン』のサントラが二枚組みなんですが、このCDが出来上がったのは1日だったのかな?で、前説の時に加藤さんが「クロノス関連のCDを買ったと証明してくれれば、『あしたあなた』と『ミス・ダンデライオン』のサントラCDをロビーにて300円引きにします」と言っていたのですが、そんな事誰もが初耳で、当然誰も用意していなく「ロビーにいるスタッフの前で『クロノス』とかの歌を歌ってくれれば、その勇気に300円引きにします」と言ってきました。そこで、私は本気で歌うのかと真に受けました。でも、いくら思い出そうとしても思い出せない!

 持 っ て る の に ! !

たぶん、ここで思い出せていたら、私は加藤さんの言葉の通りに歌うを実行していたと思います(苦笑)

『あしたあなたあいたい』が終わってから、ロビーにCDを買いに行ったのですが、割引はなしでいいやと普通に買おうと行ったのですが、スタッフのお姉さんに「クロノス関連のCDは持ってますか?」と聞かれ、持ってるけど証明出来るものがないので「持ってるんですけど、いいです」と言おうとしたのに「いいです」を言う前に「じゃあ、お客様を信用して300円割り引きますね」と言ってくれました。

 オ ネ エ サ ン ! ! (喜)

大好き!キャラメル大好き!!



何気に、明日でサイト2才の誕生日をむかえるんですよね~。2しゃいおめでとさんですよ(笑)
んな訳で、明日更新します!ブリーチを!!連載を!!鋼待ってる人はゴメンナサイ!!
ISOBE
キャラメルボックス
0

| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。