スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ISOBE
スポンサー広告


鎌倉はドイツで溢れてるの?ヨーロピアン?
今日会社帰りにる○ぶの鎌倉を買ってみました。


17日に鎌倉に行く気マンマンです☆


んで、電車の中でパラパラと見ていたのですが、ドイツの文字を結構みました。ヨーロッパ系の文字も・・・。も~、ドイツのパンとかケーキとかお菓子とかめちゃくちゃ惹かれましたよ。
しかも、雑誌見ながら顔がにやけてくるし。南ドイツのおばあさん直伝のケーキとかめちゃくちゃ気になって、『よし!行ってやる!!』とか思ってたら日曜定休日・・・・・・。


うわぁぁん!酷いよ~!!


めそめそしながら、次に行った時に食えばいいと思いなおして見ていくと次に出てきたのは【古都鎌倉で本場ドイツの味】


ソーセージー!!白か!?白!!??


と、大興奮するもののちょっと遠そうなので諦める。そして、読んでた中でも一番やヤバかったのがコレ。


ドイツ出身の兄弟が・・・


ドイツ・・・


兄弟・・・



エドー!!アルー!!あんたら、鎌倉でレストラン開いてんのかよ!!



と考え始めたら可笑しくて堪りませんでした。此処では絶対顔が笑ってたはず。自信大有り☆
ちなみにシェフの言葉が載っていたのですが、こだわりは『ただ愛情を込めて作ること』


アッサリしているとこがエドっぽいー!!あ、でも、エドが愛情とか言わないか。言うとしたらアルだね。取材で受け答えをしたのはアルで、エドは話を振られても恥ずかしくて赤面して黙りこくって、アルが助け舟を出す。きっと、取材時はこんな感じだったはずだ。
スポンサーサイト
ISOBE
未分類
0

trackback URL
http://honeys23.blog64.fc2.com/tb.php/134-9d10f06e
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。