スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ISOBE
スポンサー広告


終了。
一つの区切りが今日つきました。


本番が終わりました。


今日という日は、来てほしくなかった日です。


昨日、地元の駅から家に帰る間、すごく家に帰りたくなかったです。だって、寝たらすぐ次の日になっちゃうじゃないですか。そうしたら、もう本番で芝居が終わってしまう。だから家に帰るのはとても憂鬱でした。
でも、講師に聞かなくちゃいけない事があったので、家にはちゃんと帰りました(笑)
家に着き、前日に講師の携帯のメールにメール入れたのにいっこうに返ってくる気配がなかったので、パソコンのメールにメールを入れようとまた新たに打ちなおすのはメンドイと、前日に送ったメールを再編集して使おうと思って気付く。


 メ ー ル が 送 れ て な か っ た 。


 ア イ タ タ ☆


そりゃ、返事も返ってこないわ(苦笑)
携帯の方は駄目なのかもとパソコンの方に送るもののメールが返ってきてしまい『私に何も言わずに(何か間違っている考え方。笑)アドレス変えるなんて!』と思いつつメモったアドレスが間違っているのかもと、友達に聞こうと電話をかけるものの留守電に繋がる事2回。『畜生!イヤガラセか!』と思っていましたが、3人目で繋がる。講師のアドレス教えてといって教えてもらうと


 案 の 定 間 違 っ て ま し た ☆


疑ってゴメンナサイv
正しいアドレスで講師の携帯に再び、緊急と言う言葉を件名に入れ送信。講師からは20分程で返ってきました。講師には、本番を撮影をしてもいいかどうか聞いたのですが、個人情報保護法がどうとかこうとかでOKは貰えませんでした。折角の主役だから、恥ずかしいけど親にもちょっと見てもらいたいなと思っていたのですが諦めました。
でも、去年は普通に本番を撮影していたのに何故だと友達に愚痴る(笑)


台詞をさらい、2時頃にご就寝。


凄い久しぶりに一人で起きて、必要なものを詰め込み朝練に出発。
裏方さんとの打ち合わせをしつつ少し通す。


そして、本番へ


代々木公園で練習していた時は全く緊張も何も無かったのですが、舞台準備をしている時から『あれはやったっけ?』『準備は出来てるっけ?』と一人でアタフタ。
客入れすると講師に言われ、袖に引っ込み台詞の確認と台本を開くものの更に緊張度が上がる。「ヤバイ、口から心臓がでそう」とか「今すぐ逃げだしたい」とか「・・・吐きそう」とか言って「大丈夫だよ」と宥められる事数回。

前説が始まり、客電が消え、もう腹を括るしかないと台本を捨てる。練習では、結構上手くいってたんだからと、自分を信じる事にしました。

曲のボリュームが上がり、舞台の灯りも消え、暗転中に配置につく。心臓がやたらと煩かったので、深呼吸を何度か繰り返し、緊張を取るには第一声を思いっきりやらないと飲まれると心を落ち着かせるものの、足は緊張でガクガク(苦笑)


灯りがつき、本番がスタート。


出だしを結構大きめな声でやる。が、台詞を微妙にとちる。噛んだではなく、台詞を言い間違え適当に言葉を繋いで、一応台詞の意味は変わらないように繋ぐものの、頭が真っ白になりかけ台詞が飛びそうになるのを何とか踏みとどまる。

舞台が進むにつれて心拍数は平常に戻る。でも、身体は熱い。芝居やってる最中って身体が熱くなるんですよね~・・・。このままでは汗だくだと思っていたのですが、ちょっと次の出番までに時間があった時に講師が空調の温度を下げてくれたのか、身体の熱さは和らぎました。

途中、台詞をすっ飛ばしたり、すっ飛ばされたり、プロンプが入りながら(私はプロンプ入れられてないですよ)も場面は最後の場面に進む。
最終場で『Iさん』と言わなくちゃいけないところ『Sさん』と思いっきり間違える。しかも、間違いに気付いたのは言ったすぐ後。
台詞すっ飛ばすぐらいなら、相手が対応してくれるけど名前の言い間違いは致命的。あの瞬間、役者内の空気が一瞬凍りついたのを私は見た。
観客は台本を持っている訳でもないし、内容を知っている訳ではないのですが、致命的な間違いをしてしまい、凹んでテンションが下がりそうになったけど、それは駄目だろと気持ちを持ち直し、この芝居の中での一番の盛り上がり部分へと突入。
一番の盛り上がりの為に、台詞はとちれないという軽いプレッシャーを感じるものの何とか乗り切りました。
でも、この一番の盛り上がりの部分って舞台の本当に佳境なのですよ。演じながら『もうすぐ終わる』と思うと、終わらなくていいのにと思いながら舞台はあっけなく終わってしまいました。

舞台が暗転して袖にはけ。再び灯りが点くの待っていたのですが、台詞をとっちた事やもう終わりという色んな思いが込み上げ、一緒に涙まで混みあがってきました。
泣きそうになるのを堪えながら、カーテンコールに望む。


センターで、準主役の子と一緒に頭を下げ舞台の両端にいるメンバーを両手を広げることで呼ぶ。


一人一人、役名と名前を言っていき、一番最後に私の番。


一歩前に出、正面を見据えながら役名と名前を言う。


名前を言い、一歩戻り、全員の顔を確認して私が一歩前に出、再び合図をして全員を一歩前に出させる。


私が最初に「本日は有難う御座いました」と言って皆がその後に続くと言う段取りだったのですが、私の声は震えていました。もうちょっとで、本当に泣きそうな所でしたが、主役が泣いたらいかんだろと我慢。そのかいあってか舞台上で涙は流さずにすみましたが、袖に引っ込んだら涙が出てきました。泣くなと心配されたり、Y姉が泣くなんて思わなかったとかなり失礼なことも言われました。
ただ、私、泣きそうになってるのは観客にはばれてないと思っていたのですが、今日観に来ていた友達に「お前、うるうるしてたから泣くかと思ったのに」と言われ「え!?絶対、皆にばれてないと思ってたのに!」というと「あんだけうるうるしてれば、誰だって分かるわ」と言われました。でもって、友達の後ろには音響さんがいたのですが「Mが我慢してるのに、後ろからずびずび聞こえてくんだよ。きっかけはお前だ」と言われる。
そうなのだろうか・・・?事実は分からないけど。


観客にアンケート書いてもらっている最中に、実は撤収作業が始まります。今回の芝居は2時間ものなんですよ。なので、終わったら速攻で片付けないと次のクラスに迷惑をかけてしますのです。なので、泣きながら撤収作業に入るものの、泣いている為にほぼ何も出来ずに終わる(苦笑)
しかも、急いで着替えようとしていたらスカートに付いてる紐を千切る。
あはは・・・毎回何かしらやらかす女ですよ・・・(遠い目)


着替えも終わり、スタジオを出て皆と喋っていると頭を後ろから叩かれる。誰だろうと振り返ると、今日観に来ていた友達でした。振り返ったなり「泣き虫」と笑われました。私が泣いていた理由を知っていたくせに、そう言ってからかってくる奴は全く持っていい性格です。
そこで、少し話して確か用事があるから帰るんだろうなと思ってると「この後どうすんの?」と言われ「知らない」と答え「飯食いに行くか」と言ってきてくれたので、二つ返事をしました。もともと、終わったら相談に乗ってほしいとメールしていたので話し聞いてくれるんだと思い言葉に甘える。

新宿の居酒屋で4時間程喋る。
今日の本番の事を聞いたり、私自身の芝居について聞いたり、キャラメルボックスの話で盛り上がったりしました。
そして、私のこれからをどうするのかも・・・。
前にも言ってくれていたのですが「芝居は辞めるな」と言われました。
今から他の養成所を探すか、今年1年芝居について見つめ直そうかと言うと「自分に甘いお前は1年離れると腐るから駄目だ」と言われました。痛いツッコミでした。私も、もしかしたらそうなるかも知れないと思っていたからです。

この話の中で選択肢を3つ上げられました。

別のところを探す。1年ごろごろしてる。事務局に掛け合う。

「お前はどうしたい」そう言って投げかけられました。「天秤にかけてみろよ。もう決まってるだろ」と言われました。


芝居が好き。


そうぽつりと零したら「なら、もう決まってるだろ」と背中を押されました。相談に乗ってほしいって言ったけど、本当は誰かに背中を押してほしかったんだと、帰りにぼんやり思いました。
何時も私が欲しかった言葉を言ってくれて、でもって私の事を何故かよく知っている。

「明日起きたら、やっぱり面倒臭いからいいやって言うんじゃないかって心配だよ」と心配される。でも、その心配私もちょうどしていました。私の性格上、面倒臭いからいいやって思う確率が結構高い(苦笑)
だって、メンドイの嫌いだもん。今日の本番で抱いていた淡い淡い期待の事にも密かに気付かれていた・・・。
私って、そんなに分かりやすい性格なのかな~?
取り敢えず、明日はダメもとで事務局に掛け合うつもりです。
どう言ったらいいのかもアドバイス貰ったし。私って本当に色々な人に支えられてるんだな~って、最近思います。頼りなくてごめんね。


あ、そうだ。今日の本番の出来で、前よりは上手くなってると言われました。成長してるって。でも、まだまだ荒削りだと言われたけど、主役をやるだけの安定感はあったと言われました。
んで、実は足がガクガクする程、めちゃくちゃ緊張していた事を言うと大笑いされました。でも初めての主役なら緊張するのも当たり前だと言われました。あ~・・・あんなに緊張したのは初めてです。
スポンサーサイト
ISOBE
未分類
0

trackback URL
http://honeys23.blog64.fc2.com/tb.php/209-0c911504
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。