スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ISOBE
スポンサー広告


頭の中からっぽです。
先週、講師が「お前等、こんなのも知らないのか?」とかなんとか言ってて、調べろって言っていた事をふと思い出したのが一昨日。でも、私が覚えていたのは横文字の名前だったという事。シェイクスピアみたいに昔の劇作家だろうと思っていた事。

で、とうとう今日になっても思い出せなかったから友達に泣きつき、横文字の外人の名前・・・【ゴドー】をゲッチュ。
取り敢えず、携帯で調べてみると引っ掛かったのは本のタイトル。


ゴドーを待ちながら


劇作家の名前だろうと思い込んでいたから、これまた前にN講師に教わっていた友達に聞く。すると、返ってきたのは【サミュエル・ベケット】という名前と【不条理演劇の創始者】という事。サミュエル・ベケットは人名っていうのが分かったからゴドーの著者なのだろうと分かったけど、不条理演劇が分からない。


不条理=道理じゃない


って事しか分からず、自分は本当に無知なのだと痛感。・・・ちょっとヤバイ。それに、ゴドーを待ちながらを読んだら次は【別役実】を読めと書かれていて。


別役実?


『変換ミス?』と真っ先に思って、次に思ったのが『戯曲のタイトル?』という事。勿論、どっちもハズレ。劇作家の名前でした・・・。もう、本当に自分は無知なのだと思い知らされました。
別役実の戯曲を演劇集団円がよく上演しているという情報を頂いたので、気が向いたら・・・つーか、朴さんが出てれば見に行く(笑)
円の次回作のオセローは観に行く予定です。朴さん出るし、シェイクスピアだし。シェイクスピアはぶっちゃけ好きではないのですが、気になって気になってしょうがありません。でもって、戯曲一番持ってるのシェイクスピアだし。文庫本だけど・・・。不思議でしょうがねぇー。オセロー観に行く前に文庫本を買うのは今から目に見えている。つーか、まずはチケットを取らなくては。

しかし、別役実の戯曲は高いのです。ちょっと調べただけで2100円でした。文庫本出てるのかと思いきや出てないし。同じ不条理演劇なら、エドワード・オールビーと別役実だと教えてもらったので、早速明日レッスンの帰りにエドワードを買ってくるであります。
そういや、N講師は不条理演劇の専門らしい。それを聞いて激しく納得。あの人は、はっちゃめっちゃなものが大好きです。型破りなものが大好きです。ほら、不条理(苦笑)

今、ちょろっとゴドーのあらすじを見たのですが、読み終わった瞬間「意味分かんねー」と呟いて「不条理だ」と突っ伏したのは言うまでもないでしょう。不条理だ。



話はガラリと変わります。紅の豚観ちゃったから。
ジブリで一番好きなのは『紅の豚』かもしれない。いや、たぶん一番。

だって、ポルコカッコイイ!!

なんか、飄々としてるところとかツボ。あと、妙に女に対して優しかったりするところとか。初めて紅の豚を見た時、川から飛ぶシーン。特に、橋の下を潜り抜けている所が好きだったりする。あそこ大好き。あのシーンはいいよね~。って、結構マニアック?(笑)

あ、ウチのオカンは何度もテレビで放映されているのに一度も最後まで見た事がないらしい。だって、オカンはポルコが自分で魔法をかけるシーンがあると思っていたから。んなシーンはねーよ、と言うとかなりがっかりしてたし。最後には人間に戻ると思ってたから。「戻んないんだったら2やらなくちゃダメじゃん!」とか言ってたし。

実際、戻ったか戻らなかったかはご想像なんですよね~。私は、フィオのちゅーで戻ったと信じています。で、ジーナと結婚・・・してて欲しいけど・・・関係は変わらずって感じがしなくもない・・・。
スポンサーサイト
ISOBE
未分類
0

trackback URL
http://honeys23.blog64.fc2.com/tb.php/247-a69ac1d5
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。